運転シミュレータ導入

運転シミュレータ導入海上コンテナ貨物や重量品・特大貨物の輸送を専門に扱う当社の場合、代替えの利かない大切な製品を扱っていることをドライバー自身が十分に認識し、それにふさわしい運転をすることが極めて重要です。

たとえば低床トレーラーの場合、貨物を積んでいない状態では、並走する普通車の運転者は、トレーラーの部分が死角になってしまったり、見落としてしまったりすることがあります。

つまり、周りの車の動き次第でいつ接触事故につながるかわからない。通常のトラック以上に、二歩も三歩も先を読む目配り、気配りが必要になります。

運転シミュレータ導入運転シミュレータは、実際のトレーラーと運転感覚はまったく違いますが、絶えず周囲の歩行者や車両などに気を配り、時々刻々と変化する状況に対応しなければなりません。

診断後にプリントアウトされる結果を見ながら面談を行い、クセや慣れを排除し、安全意識の向上に活用しています。

  • 無料ご相談・お見積りはこちら
  • 無料資料請求はこちら